お米のチカラ

おはようございます。

昨日から寒さが戻って来て冬に逆戻りしたみたいです。

暑いのも寒いのも苦手(^-^;

常春(笑)の地で暮らしてみたいです☆

 

 

 

さてタイトルの件。

私は約2年ちょっと前から晩ご飯にお米を食べないゆるゆる糖質オフの食事をしてきました。

次女を産んで半年してもなかなか落ちない体重を落とすため、当時(今もですが)流行りだった糖質制限を始めたんです。

 

最初の一週間でストンと1.5㎏落ちました。

もうホントに衝撃でした。

今までの一生懸命のカロリー計算は何だったのか。

お腹いっぱいお肉屋お魚が食べられる!

揚げ物だってOK!

 

そこで糖質制限に軽くハマりました。

朝は高野豆腐を食パンに見立てたパンもどきで朝食。

お昼はおからをご飯に見立てたおからチャーハン。

よるはお肉・魚・豆腐・たまごなどのタンパク質たっぷりと野菜。

 

調味料の糖質も気になったので糖質オフのケチャップやソースを使用。

砂糖は人工甘味料

 

こんな生活を約1か月続けました。

けれど最初ほど体重は減らない。

しかもいつも物足りなさが付きまとい、時々過食が大爆発。

そして食費がかかる・・・。

 

 

そこで、晩ご飯だけ炭水化物を抜くゆるゆる糖質オフに切り替えました。少し気持ちが楽になりましたが、もともとお米が大好きな私はやっぱり物足りない。

そう思いつつ約2年頑張りました。

 

けれど体重は減らない。

常に食べ物の事で頭がいっぱい。

甘いもの・こってりしたもの・ケーキ・クリーム・・・。

 

 

糖質オフを止めたいけど止めたらもっと太りそうで怖い。

そんな思いからなかなか抜け出せなかったのですが、最近知ったお米をたべて健康になる方法、そんなブログや本を読みお米を食べるようにしたら。

 

 

もう。

びっくりで。

 

 

あんなに止められなかった間食や甘いものへの執着がウソのように無くなりました。

いえ、無くなったとは言い過ぎかな(;^ω^)

でも執着が薄れたのは事実です。

 

 

脳の栄養はブドウ糖のみ。

夜だけ糖質オフの食事内容でも、やはり脳への栄養が足らなかったみたいです。

栄養が足らないと脳が判断するから『もっと食べろ』『(すぐにブドウ糖になる)甘いものを食べろ』と要求していたんですね。

 

お米は食べたらすぐ脳の栄養になって『もういいよ~』『もうお腹いっぱいだよ~』とストップをかけてくれ、3食の食事でエネルギーが足りていたら間食欲求も起こりません。

けど良く動いた日、子供たちとたくさん遊んだ日はやっぱりたくさん食べたいと体が言っている気がします。なので我慢せずに多めに食べますが、あまり体重は増えていません。

 

 

ご飯を食べるようになってまだ2週間ぐらいですが、お肌の調子もよく顔色もよくなりました。なにより前より気持ちが前向きで安定しているきがします。

 

 

お米のチカラすごいです!

糖質オフされている方、お米は太ると思い込んでいる方、

よければ3日間だけでも3食お米中心の食事にしてみて下さい。

きっと『いつもと違う』と感じられるはずです。

お試しください(^^♪

 

 

 


にほんブログ村