子供のココロの成長

昨日の夜、子供たちとお風呂に入っていると

5歳の長女が突然

「明日は嫌なことがないといいな」

と言ったので、ん?と思い

「今日、何か嫌なことがあったの?」

と聞くと、黙り込んで涙ぐんでしまいました。

 

子供の話なうえ、泣きながらなので話が飛んだり急に場面が変わったり

要領を得ない話し方だったんですが、

聞き取れた範囲でまとめると・・・

 

自分はやってないのに

ある男の子に『腕を舐めた』と言われ、←この時点で「え?舐めた(*_*;??」と思いましたが。

『どうしたん?』と聞いてきた近くにいたお友達にも

『こんなことされた』と言われて、

『やってない』と言っても信じてくれなくて

結局『もういいよ』と許してもらえたそうですが、

信じてもらえなくてとても悲しかった

 

という内容でした。

泣きじゃくりながら、嗚咽をもらしながら話してくれて、

よっぽど悲しくて悔しかったんだろうなぁと思います。

(自分は絶対にやってないと何度も言うので、そこは信じてます

 舐めるなんて・・・ねぇ・・・(;^ω^))

 

大人でもやってないことをやったと言われたら腹がたちますよね( ̄д ̄)

しかも信じてくれなくて他人にまで話を広められたら

「ちょっと待て(# ゚Д゚)」となってしまいます。

 

で、なんて言ってあげたらいいか悩んだんですが

「悔しかったね」

「やってないってちゃんと言えたのは偉かった。」

「もし〇〇(長女)が反対の立場で、お友達が『やってない』って言ったら

 信じてあげよう」

「これから大きくなると、もっともっと嫌な事がたくさんあると思うけど

 こんな風に話してくれたらお母さんはうれしいよ」

と伝えました。

 

やったのに『やってない』と嘘をつく事も増えてくると思いますが

それはまた別として。

 

 

いじめなど、嫌な事は子供は親に話しづらいという事をよく聞くので、

私は長女に嬉しい事はもちろん、嫌な事も全部話してほしいと言っています。

 

これから大きくなり小学校に入ると本当に色んな事があると思います。

いじめや仲間外れなど、加害者側には絶っっっ対になってはいけませんが、

もし被害者側になった時、ちゃんと話してくれたら

一緒に解決方法を考えられますもんね。

 

嫌な思い、悔しい思いもいっぱいしてココロって成長するんだよ、

頑張れ!

 

と思った出来事でした。

 

 

 


にほんブログ村